Dr.Amy Yasko

 

コルゲート大学で化学と美術の学位を修得。アルバニー医科大学で微生物学、免疫学、およびウィルス学の博士号を修得。卒業後は特別研究員として、ストロング記念病院の小児免疫科とガン病棟、およびイエール大学付属医療センターの血液科に勤務。また、コダックIBIの研究委員長であり、バイオティックスDNAやオリゴスEctなど複数のバイオテクノロジー会社の創設者でもある。

自然療法医の学位を修得後、統合医学の特別研究員を務め、バイオテクオロジーから自然療法まで活動範囲を広げる。

自閉症などの複数の要素が関連する疾患には、分子経路および生物化学的アプローチと、ハーブとサプリメントの使用で対応する。

Dr.エイミーヤスコは生化学・分子生物学・バイオテクノロジーの分野で豊富な専門知識を持っています。彼女は研究取り組んでおり対症療法(西洋医学)と代替療法ともに臨床経験を持っています。これらの臨床的場面で共通する筋道は彼女のRNAを用いた取り組みです。

成功したバイオテクノロジー会社の共同創設者・オーナーとして、彼女は診断及び治療に基づくDNA/RNAの分野における専門家として認知されています。そして彼女は18年間、医療や研究コミュニティーの顧問をしています。

20年以上前に、Strong Memorial Hospital Cancer Centerで彼女は形質転換細胞由来のシングルコピーRNAメッセンジャーを分離し始めました。その後、Yale Medical Centerにおいて、彼女は酵母由来の特別な真核生物RNAの発現を強化することに努めました。

ニューヨーク州のSt. Vincent’s Hospitalに在職中に、Dr.ヤスコは個別の食事療法を開発し、ホジキン病の患者の改善のための治療として栄養サプリメントを用いました。彼女はこれらの患者に使用するための伝達因子の最初の臨床サンプルを分離するためにDr. Lawrenceとともに努めました。その時彼女は伝達因子の分子研究を行うために南カリフォルニア大学にあるDr. Fudenburg’s 免疫学教室に行きました。

Dr.ヤスコはストロング記念病院における小児・感染症教室のメンバーでした。そして、より安全なインフルエンザ菌(ヒブ)の開発に努めました。彼女はエネルギー輸送と細菌による抗生剤抵抗性の間の関係の研究に年月を費やしました。そしてそのテーマの論文を書きました。

Dr.ヤスコは慢性感染症・免疫学的疾患・神経学的疾患に特化した代替医療ヘルスケアー実習を確立しました。彼女は現在までに、ALS(筋萎縮性側索硬化症)・MS(多発性硬化症)・パーキンソン病・アルツハイマー病・SLE(全身性エリテマトーデス)・重症筋無力症・自閉症のような衰弱性疾患への影響を逆転させるとても多くの成功を納めてきました。

Dr.ヤスコはコルゲート大学において化学で優等で卒業しました。それから彼女はアルバニー医科大学で医学教育を完結しました。そして微生物学・免疫学・ウィルス学で博士号を受け、優秀で卒業しました。彼女はこの分野において博士号を取得した最初の女性でした。Dr. ヤスコはクレイトン大学の自然医学を高い優秀な成績で卒業するために学ぶ事を続けました。自然療法医と自然健康医の2つの新たな学位を取得しました。彼女は自然療法医としてのライセンスを持っています。そして代替療法医としてボード認定さています。Holistic Healthの開業医です。そしてアメリカ代替医療協会のメンバーです。Dr.ヤスコはNFAM(National Foundation of Alternative Medicine)の化学諮問です。このボードメンバーであるDr.ヤスコはDr.ゲーリーゴードンや他のNFAMのボードメンバーと会う機会を得ました。Dr.ゴードンとDr.ヤスコの自然なサプリメントとしてのRNAの使用において自閉症の回復に結果を出しています。

ニューヨーク科学アカデミー主催の会議で講演を務め、Who's Who(人名録)女性版に名前が掲載されている。

自閉症に関連するRNAの研究ではCASD賞を受賞。

バイオテクオロジー研究に関する著書を多数執筆し、多くの記事を寄稿している。現在は、著書やDVDの制作および討論会への参加をとおして、自閉症に対する独自の治療法の普及を目指している。

 

 メチレーション機能に関連する酵素の遺伝子変異を調べ、その問題に対して、独自に調合した自然由来のRNAやハーブ・ビタミン・ミネラルなどを用いてとてもからだに優しい治療をおこなっています。私のプログラムの軸はYaskoプロトコールです。RNAの効果には非常に良い成果を確認しております。

                                                                                         Dr.Jun Suzuki