Ammonia and Creatinine アンモニアとクレアチニン

CBS上方制御の問題を持っている子供の多くが、「クレアチニンレベルを上げる」という課題を持っています。そしてこのことは、慢性ウィルス感染を伴う問題でもあります。

アンモニアの減少へのサポートがなされることによって、クレアチニンが上昇することをしばしば確認できるでしょう。

アンモニアは尿pHストリップスで認められるようなpHに影響を与えます。

尿検査(UTM/UEE/UAAなど)の代用として尿pHストリップスを使用することで

コストの削減が可能になるかもしれません。

しかし、尿検査(UTM/UEE/UAAなど)における排泄を確認することにより、

より多くの包括的な情報が明らかにされます。

もし、アンモニアが高い場合は

クレアチニンは低下する傾向があります。

なぜなら、

アンモニアとクレアチニンは同じ代謝経路の成分を共有するからです。

一般的に、ひとたびアンモニアレベルが低下すれば、

クレアチニンは上昇してくるでしょう。

これは重要な指標となります。

というわけで、

クレアチンを常に検査の中で確認することを推奨します。

クレアチニンの上昇は、ウィルスの排泄の際にも確認できます。

Dr. Amy Yaskoプロトコールの実施中は常にクレアチニンの値を常に意識して下さい。

*Dr. Amy Yasko プロトコールの大まかな実施手順を改変しまとめました。

ご参照ください。

ARPがサポートするDr. Amy Yaskoプロトコールについて

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts