ROS(活性酸素種)は脂質・タンパク質・細胞内の核酸にダメージを与える可能性があります。あなたのからだにおけるこの化学的ストレスは酸化ストレスと呼ばれます。酸化ストレスの結果、あなたのDNAは障害されます。そして8-hydroxydeoxyguanosine(8-OHdG)が産生され、尿中に排泄されます。酸化ストレスレベルはDNA酸化損傷検査によって決定することができます。

多数の文献や研究によると、尿中8-OHdGは一般的な細胞性酸化ストレスマーカーだけでなく、膀胱癌や前立腺癌発症の高リスクとも関連しているかもしれません。加えて、アテローム性動脈硬化症・関節リウマチ・嚢胞性線維症・アトピー性皮膚炎・糖尿病などの他の健康状態とも関連します。高い8-OHdGレベルは慢性疲労・線維筋痛症・うつ病の方々に観察されるという研究エビデンスが示されています。

尿中8-OHdGレベルの上昇は様々なタイプの癌患者において検出されてきました。DNA補修の増加と8-OHdGはヒトの動脈硬性プラーク内で認められました。尿中8-OHdGの上昇や白血球DNAは高血糖を伴う糖尿病患者において検出されています。そして糖尿病患者における尿中8-OHbGレベルは糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症の重症度と関連します。

DNA Oxidative Damage Test(DOD)(Dr. Amy Yasko)

¥42,480価格
  • 検査料金にはFedEx検体郵送料が含まれています。