糞便を検体として、腸管内細菌を確認します。クロストリジア・連鎖球菌・真菌類・寄生虫の感染確認、ラクトバシラス(乳酸菌)・ビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)などの善玉菌の確認が可能です。その他に、消化機能・pH・炎症状態・免疫などのマーカーが確認できます。悪性細菌や真菌類が検出された場合は、ラボで培養し天然抗菌成分や抗真菌薬・非吸収性抗真菌薬・抗生剤の感受性を測定します。

Comprehensive Stool Analysis Test(CSA)(Dr. Amy Yasko)

¥69,540価格
  • 1回の糞便採取で検査可能です。