Dr. Amy Yaskoプロトコールにおけるグルタミン酸/GABAバランスの問題、CBS+などによるタウリンの問題、MAO A+による5HIAAの上昇の問題、BH4欠乏の問題などを推察できます。

尿中神経生体アミンを測定することによって、末梢神経系内で、また脳血管関門の後方で神経伝達物質を合成し代謝する患者の総合的な能力を評価します。尿中神経伝達物質の状態の変化は、代謝異常、気分または行動障害などの疾患、まれな例では特定の腫瘍の存在などにより影響される場合があります。尿神経伝達物質濃度と健康状態との関係は科学文献で記録されており、健康に関する総合的な評価の一部として貴重な洞察が得られる可能性があります。

COMPREHENSIVE NEUROTRANSMITTER TEST (NC)(Dr. Amy Yasko)

¥77,988価格