生体内のビタミンDの過不足を測定する検査です。ビタミンDはコレステロールから合成されるステロイドホルモン様ビタミンです。核内の受容体に直接的に作用するため、生体において様々な作用があります。自閉症スペクトラムのお子さんは、VDRの遺伝子にSNP(一塩基変異多型)を持っているお子さんが多いです。この場合、ビタミンDの作用が低下しています。脳内神経伝達物質ドーパミンの合成にも影響を与えます。検査により過不足を確認する事は非常に大切です。
ビタミンDの作用は抗腫瘍・血糖調節・免疫・骨代謝などホルモンのように作用します。
ビタミンDを補給している場合は、必ずこの検査にてモニタリングしてください。

Vitamin D Test(VDT)(Dr. Amy Yasko)

¥34,560価格
  • 検査キットに付属している説明書を良く読み実施してください。


    ご不明な点は以下へお問い合わせください。


    JUN DENTAL CLINIC  栄養療法専門外来

    ☎︎055-981-1515