2007年12月18日の国連総会においてカタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

 日本においても、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動が行われています。具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日〜8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

 

偶然にもこの日は、ARP(Autism Recovery Project)創設者のDr,Jun Suzukiの誕生日でもあります。このことがARPを立ち上げた理由ではありませんが、何か運命的なものを感じています。私はもともと自閉症リカバリープログラムの発展に力を注ぐべき運命だったのかもしれません。

 

                                        Dr.Jun Suzuki